ライフハック

【簿記3級】安くてオンライン受講可能な2つのサイトを紹介

【簿記3級】安くてオンライン受講可能な2つのサイトを紹介

こんにちは、ウォンバット(@akikooo1)です。

先日、先輩が簿記2級に無事合格したという話を聞き、私も少しでも財政の知識をつけるべく簿記3級を受けると決意しました。

簿記3級は学生時代にも挫折したことがあり、合格者の80%は独学でも合格するらしいのですが、時短のためにもビデオ講義で学べるサイトを調べてみました。

本記事では簿記試験の前に格安で勉強できるオンラインのサイト『オンスク.JP』、『スタディング(Studying)』を見つけたので、徹底比較してみました。

資格スクールだと5万円以上かかるところが、どちらのサービスでも3,000円以下で受講ができ、携帯からでも気軽に勉強できるのでいいですね!

オンスク.JPとスタンディングの比較表

サービス名 オンスク.JP スタディング(Studying)
サービス開始年 2013年 2015年
サービス提供元の情報 東証一部上場のTACの100%子会社としてサービス開始。 『通勤講座』としてサービスを開始。ベストベンチャー2018の受賞。
簿記3級のサービスに含まれているもの 講義(ビデオ)、問題演習、レジュメ 基本講座(ビデオ/音声講座)、テキスト、スマート問題集、検定対策模試
簿記3級の価格 月額980円(ライト)
月額1,480円(スタンダード)※税抜価格
一括2,980円(税込)
受講期限 月額で支払いしている限りは視聴可能。 購入から10ヶ月
アプリの有無 専用アプリをダウンロードして学習を始められる。 アプリなし。
モバイルからはウェブサイトにアクセスして視聴する。

オンスク.JPもスタンディングも3,000円以下で手軽にはじめられるサービスです。価格が安いのはオンスク.JPですが、模試対策や問題集が豊富なのはスタディングでした。

私なりにどちらの講座がどのような人におすすめなのか考えてみました。

短期間で合格したい人はオンスク.JPがおすすめ

オンスク.JPのトップページ

オンスク.JPは月額料金が980円または1,480円なので、2ヶ月受講してもスタンディングの2,980円より安くなります。

簿記3級は50~100時間の勉強が必要と言われており、2ヶ月で100時間以上の勉強時間が取れる人はオンスク.JPが断然お得だと思いました。

また運営母体が資格専門学校で有名なTACの子会社で、この簿記3級講座を担当されている織田香織先生はTACでも現役で教鞭を執っています。

またマルチデバイス対応がされているので、スマートフォンのブラウザでも利用可能です。

>>>オンスク.JPの公式サイトから会員登録をする 

勉強時間がなかなか取れない人はスタンディングがおすすめ

スタディング(Studying)は買い切り型2,980円のプランがあるので、毎日の勉強時間を短くし、3ヶ月以上で合格をする計画を立てている人におすすめです。

簿記の試験は頻繁にあるわけではなく、年に3回しかありません(2月、6月、11月ごろ)。

スタディングは一度購入してから10ヶ月間、教材の内容にアクセスができるため一回目の試験で落ちてしまっても、次の試験の際にも教材が使えます。

現役の税理士の先生が教えてくれるので、実践を加味した簿記の使いみちなども理解できます。

>>>スタディングの公式サイトから会員登録をする 

オンスク.JPの簿記3級コースの特徴

料金が圧倒的に安い

オンスク.JPは他の講座に比べて価格が安いです。それに簿記だけじゃなくてFPなどの他の試験の勉強も一緒にできます。

ウケホーダイライトとウケホーダイスタンダードの比較

ウケホーダイ-ライト ウケホーダイ-スタンダード
月額料金 980円 1,480円
講座テキストダウンロード
学習管理機能
講座視聴
講座音声ダウンロード
講義動画のキーワード検索機能
講義スライドダウンロード
問題演習
問題演習復習機能
みんなのノート閲覧・マイノート閲覧
(マイノート閲覧のみ)

ウケホーダイライトとウケホーダイスタンダードの違いは、スタンダードでは講義音声やスライドをダウンロードでき、間違えた問題の復習機能があるという2点です。

簿記の場合、独学と併用して勉強するのであればウケホーダイプランライト(月額980円)でも十分しょう。

携帯などのマルチデバイスから操作しやすい

次の特徴が携帯やタブレットなどからの操作がしやすいということです。

動画を見たあとにすぐ該当箇所の問題が解けたり、動画を見ながら重要ポイントをまとめたスライドを同時に見ることも可能です。

問題の難易度もワンタップで簡単に選ぶことができて便利です。

残念なのは、なぜか音声のスピードから携帯から変えられないということなのですが、ここはアプリのアップデートに期待です。パソコンからでは問題なくできます。

>>>オンスク.JPの公式サイトから会員登録をする

スタンディングの簿記3級コースの特徴

検定模試が受けられる

こういった資格試験というのは模試が欠かせませんが、スタディングであれば対策模試が3回分ついてくるので心強いです。

問題と答案用紙を自分で印刷して解くというのには煩わしさが残りますが、本番のテストに挑む気持ちで取り組むことができるのでいいですよね。

他にも問題演習として2種類用意されていて、スマート問題集・仕訳一問一答集がついているので、独学では一切勉強をしないという人にいいコースです。

簿記2級の受験を検討している人向けのお得パッケージも

スタディングでは簿記2級とセットでコースを受講すると簿記3級・2級コースを別々に受講するより2,000円安くなります。

またスタディング簿記講座では2級のみですが、合格お祝い金制度があり、合格者に3,000円が進呈されます。

>>>スタディングの公式サイトから会員登録をする

まとめ

本記事ではオンスク.JPスタディング(Studying)を比較してきました。どちらも特徴があるので、まずはお試し無料会員登録をしてみることをおすすめします。

先生の話し方や資料のまとめ方でもモチベーションが多いに変わってくることがあるので、実際に無料体験をしてから決めるのがよさそうです。

私は、短期集中で簿記に合格をしたいので1ヶ月で平日2時間(通勤中も含む)、休日に6時間の勉強時間を確保できるようにし、オンスク.JPを購読しようかと思います。

以上です!