旅行

【裏ワザ】年末年始ギリギリで格安航空券を予約し海外旅行に行く方法

格安航空券を予約する方法
年末年始って時間あるけど航空券高いな…。

最低でも年に2回は海外に旅行しているウォンバットです。

本記事では、年末年始の高い航空券の中でも、できるだけ安価な航空券を探す方法を見つけましたので、紹介します。以下の流れでお話致します。

✓海外旅行の行き先が決まっていて、安く航空券を取得したい場合
✓海外旅行の行き先が決まっていなくて、安く航空券を取得したい場合

この記事の信憑性としましては、執筆者の私も2018年のクリスマス12月24日に海外に行くチケットを探し、往復4万円でタイに行くことができました!

【裏ワザ】年末年始ギリギリで格安航空券を予約し海外旅行に行く方法

安い海外航空券を見つめるために、パターンに合わせて最適な方法を見つけることが必要です。

よく年末年始の海外旅行はここが安いという傾向がまとまっているサイトがありますが、渡航する日付が1日違うだけでも年末年始のチケット取得に関しては価格が変わってきますので注意が必要です。

そのため、だいたいの渡航する日付をベースに検索をするというのが基本となります!

本記事では、大まかな渡航日が決まっている前提で、旅行の行き先が決まっている場合と旅行の行き先が決まっていない場合で分けてお話したいと思います。

海外旅行の行き先が決まっていて、安く航空券を取得したい場合

ここでは2つの方法を組み合わせて、チケットを取得する方法をお伝えします。

タイ行きの航空券を購入していきましょう。国内大手の旅行会社HISで調べると12月は最低でも7万円かかるようです。

Skyscanner(スカイスキャナー)で価格トレンドを確認

まずは「スカイスキャナー」という日本国内だけじゃなく世界の航空券を比較できるウェブサイトを使って価格を確認します。

例えば、タイ行きの航空券を購入するとする方法を見ていきましょう。

任意の日付を入れてください。

またこだわりがなければ空港名も入れないほうがいいです。東京のように成田・羽田の2つの空港がある場合だと、どちらか安い空港に降り立つというイメージです。

この時点でHISよりは安い「66,742円」となっていますが、もっと安い航空券を探していくために、「月全体を表示する」というボタンをクリックしましょう。

これで12月25日の「38,568円」が一番お安くなります!

HISさんとスカイスキャナーで調べた航空券差額は「31,432円」でした。これで帰りの航空券(復路)も買えそうです。

最近ではスカイスキャナーだけでなくロバートの秋山さんが広告を行っている「エアトリ」でも比較的安価な航空券が探せるので一緒に確認してみてください!

オリジナルサイトと更にネットで確認

スカイスキャナーでの調査が終わりめぼしい航空券が決まったら、その航空会社のウェブサイトに行きセールなどされていないか確認、更に念のためにGoogle検索で再度確認します。

ただこの確認をしても航空券が確実に安くなるわけではないので、注意です!

また航空券の価格は日々変わっていきますので、時間がない方はやらなくてもいいと思います。見ている間に値段が変わったということを避けるため、この調査は必ずシークレットブラウザを使うことをおすすめします!

海外旅行の行き先が決まっていなくて、安く航空券を取得したい場合

Googleフライト」で安い航空券を見つける方法を紹介します。

最初に、ブラウザで「Googleフライト」と検索をしてください。

左上のハンバーガーメニューから「地図で探す」を選択してください。目的地のところを空欄にし、カレンダーのボタンから日付を変えていきます。先程は12月25日が一番安かったので、今回は12月25日を選択しました。

これでどこの国に一番安くいけるかがわかります。地図でみると、「香港:24,150円」が安いですね!

ここで香港と決めたら、Googleフライト経由で予約するのもアリですし、また先程紹介したスカイスキャナーから比較していくと更にお安い航空券も見つけられるかもしれません!

ホントの裏ワザ:ハブ空港から別の国に行く方法

こちらはヨーロッパ・中東などの距離のある国に行く時に、日本から近いハブ空港に移動することで、より安く移動をしようとするものです。

LCC(格安航空)のハブ空港のランキングです。

  • 1位:クアラルンプール国際空港(マレーシア)
  • 2位:ジャカルタ・スカルノ・ハッタ国際空港(インドネシア)
  • 3位: シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  • 4位:マニラ・ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン)
  • 5位:バンコク・ドンムアン国際空港(タイ)
  • 6位:ニューデリー・インディラ・ガンディー国際空港(インド)
  • 7位:仁川国際空港(韓国)
  • 8位:バルセロナ・エル・プラット国際空港(スペイン)
  • 9位:フォートローダーデール・ハリウッド国際空港(米国)
  • 10位:ロサンゼルス国際空港(米国)
    (OAGメガハブ・インターナショナル・インデックス2018より)

ランキングを見ると、日本から直通であり、ハブとして使えそうなのは「マレーシア」「フィリピン」「タイ」「韓国」が挙げられると思います。

例えば、「ドバイ」「トルコ」などの中東や、「イギリス」「スペイン」などのヨーロッパに行くときは、これらのハブ空港に一度立ち寄ってから渡航すると、安く海外旅行に行ける可能性があります!

私もイギリス留学時代は「日本→マレーシア→イギリス」という経路で移動をしておりました。以上、年末年始ギリギリで格安航空券を予約し海外旅行に行く方法でした!

他にも海外旅行がお得にできるサイトを紹介しているので確認してみてください。

人気記事海外旅行がもっと楽しくなる現地オプショナルツアーの比較をします

人気記事【お得】アジア旅が格安になるKLOOK(クルック)とは?評判・口コミも公開