宅建

フォーサイトの宅建講座って実際どうなの?評判・口コミを調査

ウォンさん
ウォンさん
フォーサイトの宅建講座ってホントに信頼できるの?

年に一度しかない宅建試験の必要な勉強時間は300時間と言われています。

その年度で宅建試験に落ちてしまうと、翌年同じ勉強時間を確保して試験に挑む必要がありますが、ホントに大変です…。

私は2年連続で落ちてしまったことがありましたが、必死で勉強したのに翌年にはほとんどの内容は忘れているので、できるだけ一発で合格したいですよね。

そんな時にネットで見つけたのが『フォーサイトの宅建講座』でした。

フォーサイトの宅建試験の合格率は平均の約4.5倍!そんなフォーサイトの宅建講座の合格の秘訣を探るべく利用方法から口コミ・評判までまとめてみました。

割引キャンペーンを使えば価格もお手頃ではじめての宅建受講者でもわかりやすい教材が揃っていておすすめです!

>>>フォーサイトで資料請求を行う

フォーサイトとは?

フォーサイト』とは1993年に不動産研修会社として創業しました。2003年に通信教育講座を開講し、宅建だけでなく、行政書士、社労士、FP、簿記など多様な資格試験のサポートを行っています。

運営会社 株式会社フォーサイト
特徴 ・高い合格率の維持
・フルカラーテキスト・講義動画
・低価格での講座
取扱資格 社会保険労務士、宅地建物取引士、FP(ファイナンシャルプランナー)、簿記2級、3級、マンション管理士・管理業務主任者、診察報酬請求事務能力認定、カラーコーディネーター(色彩検定)、ITパスポート、通関士、旅行業務取扱管理者、中小企業診断士、年金アドバイザー3級、危険物取扱者乙種4類、公務員試験(一般知能)
受講者数 累計23万人
宅建の合格率 70.8%(2018年度)(平均の4.54倍)
公式ウェブサイト https://www.foresight.jp/takken/

フォーサイトでは、宅建だけではない資格においても全国平均合格率よりも高い数字を誇っているため、通信教育を検討の人におすすめの会社です。

フォーサイトの宅建講座の申込み方法

ここからはフォーサイトの申込み方法を紹介したいと思います。できるだけ安く受講できるように割引キャンペーンを受けられる方法についてもいくつか解説をしています。

受講する宅建講座を決める

まず宅建の理解度に応じて、自分の受講するコースを選択しましょう。

フォーサイトの講座は3種類に分かれています。

3つの内、どれか1つだけを選択することも可能ですし、バリューセットという形でいくつかのコースを組み合わせて受講することもできます。

  1. 基礎講座
  2. 過去問講座
  3. 直前対策講座

バリューセット1
初学者から学習経験者までを対象としたスタンダードなセットです。宅建の学習に必要最低限のインプット・アウトプット教材を一通りカバーしたものです。

(基礎+過去問講座)
DVDコース 通常価格89,600円のところ現在割引価格で59,800円でした。

バリューセット2
はじめて法律を勉強する人におすすめのセットです。試験直前対策をカバーしており、基礎から体系的に学習したい人を対象としています。

(基礎+過去問講座+直前対策講座)
DVDコース 通常価格109,600円のところ現在割引価格69,800円

単体の講座だと44,800円かかるので、バリューセットはお得ですね。

おすすめ宅建講座の選び方

あくまでも自己判断で講座の選択をしていただく形とはなりますが、私の経験上の宅建コースの選び方を説明します。

私が本ブログでお伝えしている宅建試験の勉強法としては基礎をつけてから過去問を繰り返し勉強するということです。

そのためフォーサイトで宅建を勉強するなら「基礎講座」と「過去問講座」のセットがついているものにしましょう

「直前対策講座」の受講は、5問免除と法律系の勉強経験があるかによって決めるのがおすすめです。

直前講座の中に含まれているのは「法改正・統計資料対策」「択一対策編」が入っています。5問免除を受けている人には統計資料対策は必要がないのと、法律の勉強経験があれば宅建の勉強へのアドバンテージにもなるので、直前対策講座を受ける必要がないかと思います。

詳細は、フォーサイトの宅建講座「教材内容」というページをクリックしてみると、どの教材で勉強できるのかが確認できます!

無料サンプル教材を取り寄せる

フォーサイトでは無料で教材のサンプルを見ることができます。

私も実際にサンプルを取り寄せてみたのですが、結構ボリュームがあってびっくりしましたw

フルカラーテキストが自分に合うかどうか、講義のDVDはどんな感じかを確認することができるのでおすすめです。

※私が取り寄せた時は『3ヶ月で宅建~本当は教えたくない究極の宅建合格メソッド~』という本も同封されていました!

>>>フォーサイトで無料教材のサンプルを取り寄せる

もし試験の日程が近い場合、サンプル教材を取り寄せている時間ももったいなので、講師の先生の授業をいくつか見てみることをおすすめします。

フォーサイト宅建講座の講師を勤めるのは、窪田義幸先生です。もともとはフォーサイトの教材を作ってました。詳しいプロフィールはYoutubeビデオから見てみてください!

申し込む前に割引キャンペーンを確認する

フォーサイトはそのままの価格でも他の通信講座に比べると良心的な方ですが、さらにお安く受ける受ける方法もあります。受講後にアンケートに答えるとアマゾンギフトカードをもらえるというのもありますが、受講前にしっかり割引があると安心です。

私が調べたところ、以下4つの方法で今の価格よりも手軽に宅建講座が始められそうです。

  • ホームページからクーポンコードを取得する方法
  • サンプル教材請求時にくるメールマガジン限定価格
  • 教育訓練給付制度を利用する
  • ツイッターキャンペーンを確認する

ホームページからクーポンコードを取得する方法

これはホームページの「受講料・お申込み」のところを見ているときにでてきたキャンペーンコードです。バリューセット1または2の購入時のみに使えるクーポンですが、5,000円引きになります。

こちらのキャンペーンは定常的にやっているわけではなく、時期によっては金額が変動したり、キャンペーンがやってないこともありますので、確認してみてください。

サンプル教材請求時にくるメールマガジン限定価格

サンプル教材の請求をしたときにメルマガに限定価格の紹介がきます。こちらも期間、金額は変動するみたいですが、バリューセット1&2がかなりお得に買えるという案内がきていました。

毎回こういったキャンペーンがやってるかはわかりませんが、サンプル教材の請求は無料なので、一度取り寄せてみてキャンペーンの案内が来れば申し込むというのが良さそうです。

教育訓練給付制度を利用する

フォーサイト宅建講座は、ハローワークの「教育訓練給付制度」が使える講座となっています。一定の条件を満たす必要はありますが、支払った金額の20%が戻ってきます。

適応はバリューコース1&2のみですが、もし20%の適応だと約13,000円もお得になります。

⇒【フォーサイト宅建士】公式サイトで「教育訓練給付制度」の詳細を確認する

ツイッターでのキャンペーンを利用する

ツイッターでのキャンペーンは頻繁にはやっておらず、2018年11月下旬に一度投稿されたのみですが、5%お得になるクーポンがありました。

今後もこういった情報が流れてくる可能性があるのでフォローしておいたほうがいいでしょう。

⇒フォーサイトのツイッター(@foresight_jp)はこちら

私が思うフォーサイトの良い点

合格率が高く実績があるため信頼ができる

フォーサイト』は合格率が70.8%(2018年度)となっており、全国平均の4.54倍も高くなっています。フォーサイトの受講生であれば、10人いれば7人受かることになるので、どれだけ高い合格率がわかります。

フォーサイトとしての受講生の実績もありますが、宅建講座の類型受講者数も41,000人を突破しています。合格率が高いことは、受講生を勉強面からメンタル面までサポートできる仕組みがあってのことではないでしょうか。

またフォーサイトは2018年9月に「オリコン顧客満足度ランキング」の「通信講座 宅建」において、第1位を獲得しています。6項目中5項目で1位を獲得しており、他の通信宅建講座よりも圧倒的な高評価を得ていました!

オンラインで勉強ができる独自システムの「道場破り®」

パソコン・携帯アプリから閲覧可能な「道場破り®」は、フォーサイト受講生が「学習計画・進捗・講義・質問・復習」を一貫してできるようなシステムを持っています。

正直なところフォーサイトの教材にはDVDがついているのですが、最近のパソコンにはDVDドライブもついてないので、ひとり暮らしをしている人などがDVDをどうやって見るのか疑問でした。

ですが、この「道場破り®」があれば講義のダウンロードや、1.5倍速で再生して時短もたきます。さらに、どの科目をどれだけ視聴したかという記録もしてくれるので、学習進捗もひと目で分かるようになります。

「道場破り®」は確認テストという機能を持っており、ゲーム感覚で問題を解くことができるので、受講生の中には「道場破り®」にハマってしまい、暇さえあれば道場破りのあらゆる機能で勉強をしている受講生もいるそうです。

 

私が思うフォーサイトの不満点

質問の回数に制限がある

フォーサイトは選ぶ講座によって質問回数が決まっています。宅建は簡単な試験ではないので、質問事項もたくさんでてくるかと思います。それに対し、フォーサイトが提供できる質問回数は少なすぎるといった印象があります…。

  • 基礎講座:5回
  • 過去問講座:5回
  • 直前対策講座:6回
  • バリューセット1:10回
  • バリューセット2:15回

特に単科の講座を受けるときは質問回数が5回または6回です。規定回数を超える場合、1回の質問につき500円かかってしまいます。そのため人によっては15回以上は質問しないようにと気にしてしまい、安心して質問できなくなってしまう可能性もありそうです。

会場で受けられる模試がない

フォーサイトは通信講座の体裁を取っているので、宅建の模試も自宅で受けることができます。しかし、大手の通信講座とは違い会場で受けることはできません。

会場で受けることがないと、はじめての会場に訪れる独特の緊張感が味わえなくなるので、試験慣れを考えると別に大手資格予備校などが開催している模試を受ける必要があります。

フォーサイトの口コミ・評判は?

私のレビューだけでは偏ってしまう可能性があるので、他のユーザーの評判や口コミをまとめてみました。

ポジティブな口コミ

会社員をやりながら時間がないので通信講座を選んだのですが、なかでも道場破りは、スキマ時間に向いた勉強方法でした。何度も間違えた問題でひとまとめにして見直すことで、自分の弱点を克服することができました。

勉強方法だけじゃなくメンタル面でも支えられました。土日に「今日は勉強休んじゃおうかな…」と思っていると励ましのメッセージが届きました。どうしてもあと1点、2点が取れず、逃げ出したくなる毎日でしたが、試験前には久保田先生による動画でのメッセージが届いたことによって、追い込み勉強をすることができました!

ネガティブな口コミ

フォーサイトは合格点ギリギリを目指して勉強するというもので、フォーサイトの講座をやり込んでも安心して合格できるレベルに到達できないです。当然合格点ギリギリのラインだと、受かるか受からないかはわからない。試験が年に一回しかないなかで確実に合格する方法を選ぶならばフォーサイトではなく市販の教材で十分だと感じます。

テキストの内容が薄く、解説も不十分。混乱しやすい内容になっていた。解答で理解できないので、ネットで調べたり、別の教材を使って調べる手間がかかった。

こうした指摘は最もかもしれませんね。どんな教材を使っていても、合う合わないは必ずでてくると思います。

私はLEC予備校で宅建を受験しましたが、先生の内容やテキストがわからずYoutubeで補足して理解していたりしていました。

宅建は簡単な試験ではないので、調べる作業は発生すると思って受講したほうが良さそうです。

フォーサイトがおすすめな人

効率的にスキマ時間に勉強を進めていきたい人

フォーサイト』の強みのひとつは「道場破り®」というアプリで、いつでもどこでも気軽に勉強できることだと思います。通学講座に比べ通信講座を選ぶというのは時間が限られているからという理由がほとんどだと思いますが、フォーサイトの宅建講座はそういった人におすすめです。

教科書もフルカラーテキストで一冊が重いわけではないので、女性でも持ち運びやすいサイズになっています。それに加えて「道場破り®」があれば教科書の持ち運びの必要もなくなります。

動画で学びたい人

机の上に座って勉強するのが苦手…という人にいいのがフォーサイトのコースです。先程の「道場破り®」やDVDを使えば宅建講義は動画で受けられます。

フォーサイトの宅建講座の様子は、Youtubeの「くぼたっけんチャンネル」やサンプル教材の取り寄せでみることができるので、ぜひ事前に確認してみてください。

まとめ

宅建に絶対合格したいと強く願うならフォーサイトがおすすめです。合格率が高く、教材・講義にこだわり、質の高い宅建講座を提供しています。

今回は、『フォーサイト』の宅建講座をご紹介しました。通信で宅建講座を受講されている人の参考になれば幸いです。

>>>フォーサイトで資料請求を行う