宅建

資格スクエア宅建講座を使ってみた感想!評判や口コミも公開。

資格スクエアのトップページ

私は宅建試験を3回受け、予備校に通った最後の1年で合格を勝ち取りました!

2度も落ちてしまった理由のひとつには…

独学でも受かるからお金をかけず、独学で勉強する」って思ってしまったんです。

当時の私には、先行投資が将来的に私の時間を削減してくれるという意識がありませんでした。

最近、友人が宅建を受けるといったので、時間をかけずに合格してほしいと願い、ウェブで検索して見つけた「資格スクエア」受講してみました!

なぜもっと早く知ることができなかったのか、後悔しました…。

その理由として「資格スクエア」は、

  • 大手の通学制予備校よりも安い
  • いつでもどこでも受けられる

といった利点の他に、

  • 脳科学に基づく問題演習機能
  • 計画的な学習スケジュール

などなど、宅建のオンラインスクールの中でも人気な理由があるからです!

\無料会員登録でコースをチェック/

資格スクエアとは?

資格スクエアは、2013年にリリースされましたが、わずか数年で無料会員数が4万人に突破、急成長中のオンラインの学習サービスです。

運営会社である株式会社サイトビジットの代表取締役の鬼頭政人さんは、開成高校から東大に進学されていて、弁護士資格なども保有されています。

鬼頭さんは「資格スクエア」を通じて、誰もが資格試験対策を平等に受けることのできる社会の実現を目指しているそうです!

運営会社 株式会社サイトビジット
設立 2013年4月
講座 司法試験、弁理士、司法書士、社労士、行政書士、行政書士実務講予備試験、座、宅建士、賃貸不動産経営管理士、ビジネス会計検定、G検定対策講座、レジュメ対策、勉強法講座
料金体系 講座により異なる
宅建試験の場合 77,000円(税込)

資格スクエア」は法律系の資格を専門としています。

ウォンバット
ウォンバット
ひとつ資格を取得したら、別の講座にチャレンジするのも良さそうですね!

資格スクエア利用の流れ

資格スクエア」の申込みの流れとしては、無料会員登録をしてから有料講座を購入するのがおすすめです!

いきなり有料の講座を受講すると、「想像していた使い方と違った…」「講師の喋り方がしっくりこない…」なんてこともあります。

使い方を理解した上で有料講座に申込みをすると、継続して使うことができるので、結果的に勉強に集中できます!

無料会員登録をして、体験講座を受講

資格スクエア」の無料会員登録はたったの6項目を入れるだけで完了します。

あとで変更もできますが「興味のある資格はありますか?」でチェックをいれた資格が無料体験として受講できます。

宅建以外の資格も興味のある方はチェックをいれておきましょう!

資格スクエアの無料会員登録

インプットの講座を受講

宅建は覚える量が多いため、講義と問題演習を繰り返し行うことが大切だと言われています。

資格スクエア」ではインプットとアウトプット講義と呼ばれるものがあり、両方の授業を受けることで宅建試験を合格へと導くことができます。

まずは、全体像を掴むためのインプット講座を受講します

ひとつの講座は長くても30分以内に収まり、短い講座だと5分で終わるので、スキマ時間でもらくらく勉強ができます。

過去問の解説が付き・アウトプット講座問題演習で実践

次に過去問の解説付きのアウトプット講座を受けます。

アウトプット講座だけで238講座(32.4時間)となっており、いかにアウトプットに力を入れているかわかります。

「資格スクエア」の講座の特徴

このインプット講座とアウトプット講座の組み合わせは、資格スクエアが独自に提供している問題演習機能(脳科学ラーニング)です。

記憶力に自信のない方でも、着実な記憶定着へ導く仕組みになっています。

以下の動画で資格スクエアが提唱する「脳科学トレーニング」について確認できます。

東京大学教授・脳科学研究者である池谷裕二氏監修のもと開発を進めた人工知能サポートシステムで学習の効率化が可能となり、個人に合わせた問題を提示してくれます。

気に入った場合、有料プランを申し込み

無料受験後気に入った場合は、宅建講座を購入します。

無料会員でも講座は体験できますが、「宅建2020未来門合格パック無料講義」を申し込めば、通常価格から10%オフのクーポンの特典付きでした!(2020年6月時点)

>>>無料講義に申し込む

資格スクエアを使ってよかったこと

資格スクエア」を実際に利用してみて、よかったことをまとめてみました。

  • 未来問が無料でもらえる
  • 動画とレジュメがセットで使いやすい
  • ランキングで継続しやすい仕組みがある
  • 質問し放題で安心できる
ウォンバット
ウォンバット
それぞれの内容を深堀りしてみていきます。

未来問が無料でもらえる

資格スクエア」の『未来問』はアタルで有名の予想問題です。

昨年度は出題予測的中率74%と高確率で予想内容を予測しています。

無料の会員登録に申し込めば、未来問(1回目)もチェックすることができます!

さらに未来問(1回目)の問題・解答に加え、宅建みやざき塾・宮嵜先生の解説講義も閲覧することができます!

宮嵜先生は宅建業界では有名で、見ているだけで元気がでてくる先生なので、ぜひ解説講義も見てみてください!

動画とレジュメがセットで使いやすい

資格スクエア宅建講座の様子

パソコンからみた資格スクエアの画面は、上のイメージのような形です。

左:動画、右:レジュメと並んでおり、動画を見ながら、自分のペースでレジュメを読み進めることができます。

またレジュメは自分でメモを取ることができるので、便利です!単語帳の作成や付箋などの機能もついています。

余談ですが、講師の田中祐介さんはイケメンで語り口調もなめらかなので、聞いていて飽きないです(笑)

ランキングで継続しやすい仕組みがある

オンライン宅建コースなどのデメリットって、講師がいるので独学の方よりは寂しくないですが、孤独と戦う必要があるということだと思います。

資格スクエアランキング情報
資格スクエアでは、ランキング形式で進捗状況を把握できるので資格獲得を目指している人同士で切磋琢磨できるのがいいですね。

ランキングも当日・週間・月間で見れるので、いつ始めてもランキング上位になれる可能性は高いです!

質問し放題なので安心できる

資格スクエアは受講者に寄り添ったオンライン講座なので、質問機能を使っていつでも・何回でも質問することができます。

チャットボックスがあるので、質問も手軽にできます。メールでもできるので、用途に合わせて使い分け可能です。

また講義に関する質問は、すべて講師または試験合格者からの回答となります。

他の会社では学生バイトや有資格者ではない人が回答するパターンもあるようで、講師からの返信は安心できますね。

資格スクエアを使って不満だったこと

一方で「資格スクエア」を使ってみて不満がなかったわけではありません。

  • 過去問演習が少なく他の教材との併用が必要
  • 民法の講座が他の講義よりも断トツに長い
ウォンバット
ウォンバット
良かった点の方が多いですが、不満点も包み隠さずお伝えします~

過去問演習が少なく、他の教材との併用が必要

資格スクエア」は問題演習の数は豊富にあるのですが、過去問演習の数が少ないと感じました。

代表の鬼塚さんも宅建合格の秘訣は過去問で問題の傾向をつかむこととおっしゃってました。

私もその通りだと思ってまして、宅建合格には最低でも5年、余裕があれば10年分の過去問をやりこむことは欠かせません。

宅建の過去問は本屋で購入、またはインターネットで無料で閲覧できるので、資格スクエアの勉強と併用して確認する必要があると思います。

民法の講座が他の講義よりも断トツに長い

宅建は大きく分けると3つのパートに分かれますが、その中で力をいれるべき宅建講座よりも民法の講座が長いのが気になりました。

  • 民法講座 インプット17.2時間・アウトプット13.4時間
  • 宅建講座 インプット11.9時間・アウトプット10.6時間
  • 法・税講座 インプット8.8時間・アウトプット8.8時間

民法は難しい割に、点数を上げにくい分野なので、時間を割くべきではありません。

理解できる得意分野と借地借家法以外は飛ばすという戦略を取るのが正攻法と言われている中で、民法講座の時間が長いというのは勉強を始めたばかりの人向けにもう少しガイダンスが必要だと思いました。

資格スクエアの口コミ

私の意見だけだと偏ってしまう恐れがあるので、資格スクエアの口コミを調べてみました。宅建以外の口コミもありますが、ぜひご参考ください。

ポジティブな口コミ

ネガティブな口コミ

資格スクエアがオススメの人

ここまでで「資格スクエア」の魅力はお伝えできたと思いますが、どういう人が「資格スクエア」を受講するといいのか?を考えてみました!

予備校よりも安く済ませたい人

予備校の場合、6月ごろから始まる3カ月の短期集中コースで7万円から12万円程度かかります。

資格スクエア」だと、インプット講座、アウトプット講座、直前対策、未来問、過去の講座まで付いて7万円なので、予備校の3ヶ月コースに比べるとお得です!

また体調不良や予定が入っても、資格スクエアであればオンラインでいつでも受講できるのは便利です。

勉強方法のガイダンスがほしい人

資格スクエアは、運営者の代表が実際に宅建を合格しており、効率的に合格に導く方法を知っています。試験に合格するためのサポート機能として、チャットボックスで気軽に相談や質問もできるので、勉強方法に迷ったとき、わからない問題がでてきたときにも、安心できます。

まとめ・総評

資格スクエアは宅建勉強におすすめのオンラインスクールです。

私も実際に使ってみた感想として、大手通学予備校のようなめんどくさいウェブ手続きもなく気軽に受講できるのが素晴らしいと感じました。

まずは無料登録会員ではじめられるので、ぜひ実際の講義を聞いてみてください!

>>>資格スクエアの無料会員登録をする

無料会員登録だけでは「ものたりない…」と感じる人には、グループ&個別説明会も開催しているようです!

代表の鬼頭さんが直接説明してくれるので、気になる方はぜひ説明会に参加してみてください!

>>>資格スクエアの無料説明会に参加する

 

\今なら無料会員登録/