宅建

宅建の一週間前に勉強できなくなったけど合格した話【結果オーライ】

宅建の勉強ってホントにツライ…

これが私が試験一週間前に宅建を勉強をしているときの気持ちでした。

いまこの記事をご覧になっている皆さまが宅建の1週間前だと仮定して、私の体験談をまじえて宅建一週間前の過ごし方についてお話したいと思います。

今回は私のように試験前にそわそわしてしまいメンタル(精神状態)を強く保つことができなかった人に向けた記事となります。

そのため、机に向かってしっかり勉強できる人は過去問やご自身で愛用されている問題集を繰り返し解いていくようにしてください!

✓本記事の内容
・宅建の一週間前に勉強できなくなったけど合格した話
・【実例付き】宅建一週間前の過ごし方

宅建の一週間前に勉強できなくなったけど合格した話

私はメンタルが弱く、プレッシャーがかかると逃げ出したくなる性質を持っています。私は宅建の一週間前に机に向かうと、そわそわと落ち着かない気分になってしまい集中して勉強ができなくなりました

ここで唯一できたのが、「宅建動画を見ながら散歩をする」という行為でした。

一週間この方法で乗り切ることができ、無事に合格しました。もし宅建一週間前に集中できず困っている人がいらっしゃったら、この方法でなんとか乗り切ることもできます。

【実例付き】宅建一週間前の過ごし方

なぜ宅建動画を見ながら散歩したのか?

宅建の予備校の先生が「宅建一週間前は落ち着きがなくなるので、何を勉強するか事前に決めておくこと」とおっしゃっていて、過去問をやると心に誓っていたのにも関わらず、いざ机に向かうと勉強に集中できない自分がいました…。

宅建二週間前から予備校の宅建講座が終了しました。やることがなくなりました(汗)また予備校で受けた宅建1ヶ月前の9月21日に受講した最後の模擬試験の結果が29点と大ゴケしてしまったため、プレッシャーで押し潰されそうでした。

宅建は落ちてしまうと同じような勉強を来年度も行わなければなりません。勉強時間は300時間必要と言われています。

これまで宅建に費やした時間・予備校にかけたお金を考える何が何でも合格したいので、苦肉の策にはなりますが「動画を見ながら、そわそわしないように歩き続けました。」

会社は18時30分から19時に退社をし、一度家に帰宅をして夕食を食べたら21時前後から23時頃までずっと歩きます。私は毎日、自宅から新宿まで(6キロ)歩いていました。疲れたら定期券内だったので電車で帰る日もありますし、途中の駅まで折り返すときもありました。

どの宅建講座を見るのか?

宅建講座はたくさんあります。Youtubeから無料で見れるもの、皆さんが受けている資格試験講座などがあります。

私はLEC(東京リーガルマインド)の宅建講座を受けていたので、そのオンライン講座をダウンロードして見ていました。もし私が独学で勉強しているのであれば、オンスクの宅建講座をおすすめします。

【オンスク.JP】は、月額1,480円で音声ダウンロードができるので散歩中の聞き流しにもってこいです。また一週間前であれば、出費が1,480円のみで済みます。

Youtubeの渋谷会など、わかりやすいチャンネルもあるのですが、自分なりのYoutubeプレイリストを作成する手間・トピックが網羅的に掲載されてない点がボトルネックに感じます。

この時期にみる動画の分野としては、宅建業法か法・制限・税法がおすすめです。権利関係(民法)は感覚で解いて7点から10点を獲得するイメージとなるためです。

私が特に聞いてたのはインプット講義ではなく、問題演習などが入っているアウトプット講義でした。当日まで毎日ひたすら繰り返すと段々よく出る問題文、そして解答まで覚えるようになります。

はじめは語呂合わせなんて全く覚えられなかったのですが、先生が何度もいうので自然と覚えていました。 また法改正に伴う問題も動画中の先生の雑談(?)でお話されており、本番で解答することができました。

まとめ

宅建試験一週間前に机に向かって勉強できなくなったら、「宅建動画を見ながら散歩をする」を実践してみてください。残り一週間なんとか耐えて乗り越えましょう!

見る動画としては、宅建業法または法・制限・税法の分野で、問題演習などのアウトプット講義をおすすめします。

人気記事 オンスクで宅建勉強が加速?! 評判・口コミも公開】

人気記事 資格スクエア宅建講座を使ってみた感想!評判や口コミも公開。