ライフハック

シェアハウスのオークハウスに見学【内覧方法・当日の様子をシェア】

シェアハウス最大手の「オークハウス」元住人のウォンバット(@akikooo1)です。

関東圏を中心に259物件・6289部屋から紹介可能なオークハウスの実際のお部屋を見学した様子をまとめました。

本記事の内容

✓オークハウスでお部屋を内覧する方法をお伝えします
✓オークハウスでお部屋の内覧をする際に気をつけるポイント3つお伝えします

この記事を書いている私は、新卒で不動産販売を経験しておりまして、たくさんのお部屋を見学をしてきました。不動産のプロだからわかることもあると思うので、ぜひ参考にしてください。

シェアハウスのオークハウスに見学

シェアハウスの最大手「オークハウス」に見学をしてきました。

感想としては、時間があるなら見学はしてみてもいいが、見学しなくてもいくつか事前に質問をすることで入居後の不安は解消できます。

はじめに、オークハウスのホームページから内覧を設定する方法を紹介します。

次に、日当たり・築年数(耐震性)など賃貸を借りるときと同様の気になるポイント、またオークハウス特有のルールなど、事前に確認するポイントがあるので、詳細をこのブログで紹介していきます。

オークハウスのお部屋見学の方法

まずは物件ページから、内覧希望であることを連絡

オークハウスのホームページですが、トップページに「問い合わせ」というボタンがありません!

そのため内覧希望の場合は、物件のページにアクセスをし、その旨を伝える必要があります。オークハウス下見希望ページ

自分がいいと思っているエリアに、なんとなくの問い合わせでもOKで、後で親切なスタッフが他のオプション等も相談に載ってくれます。

こちらが問い合わせフォームです。内覧を希望する場合は、「下見希望」というところに「希望する」にチェックを入れるようにします。

オークハウス問い合わせフォーム

もしお部屋の選定が全然進まない場合は、その下の問い合わせ内容に要望を記載すると、他のオプションの提示を受けやすいです。

連絡後、メールで日程調整を行う

オークハウスに連絡をすると週末にもかかわらず、30分程度で返ってきます。

担当者様によるかもしれないですが、私がやりとりした方はどのメールの返信もとても早く、1営業日以内に返信がありました。

私は物件を決めていたわけではなくて、やんわりとした条件を担当の方に伝えました。

【条件】
・中央線沿いで快速が運行している
・外国人の入居者が多い
・予算は8万円程度

そうすると、担当者の方がいくつか物件を選定してくださり、今回は「プレミア中野」に訪問することになりました。(※当日、複数物件を内覧希望であれば、ご対応いただけるようです)

物件が決まれば、確認メールが届きます。確認メールの中にあるURLをクリックし、そこで日程に間違いがいなければOKを押します。

こちらでオークハウスのお部屋見学の予約は完了です!

当日待ち合わせ

当日は物件または物件最寄りの駅前での待ち合わせとなります。

駅前の待ち合わせだと、はじめて東京で来られた方も、迷いづらいので安心です。

私の場合は、JR高円寺駅に待ち合わせでした。時間になると担当者の方が車で迎えにきてくれました!

オークハウスの車

メールで自分の当日の服装の特徴も伝えてたので、とてもスムーズにお会いすることができました。

「プレミア中野」のシェアハウスを見学

プレミア中野
(外観の様子)

15分程度かけて、共有部から空いているお部屋を全て確認させてもらいました。

四角いタイプでベランダ付きのお部屋から、細長いタイプのものまで様々でした。


(ベランダから見える景色)

共有部は、洗濯機・乾燥機付き!キッチン・テレビなどもあり、きれいに使われている印象を受けました。

お家の雰囲気をじっくり味わうことができるので、見学に行ってよかったです!ただほとんどの方は、お部屋を見ずに入居されるパターンが多いとのことです。

見学に行ったほうがベターですが、次で説明するポイントを押さえれば見学なしでも大丈夫かと思います。

>>オークハウスへの入居お申込みを検討の方はこちらから

オークハウスのお部屋見学で気をつけるポイント3つ

オークハウスのお部屋見学を体験して、スタッフと話して、いくつか事前に聞いておくことを思いついたので記載します。

賃貸の入居で気にする条件は抑える

私は賃貸の不動産入居もお手伝いしてきましたが、例えば、築年数・日当たりなどを大事にされる方は多いです。もし自分の気になるポイントがあれば、聞いてみるといいです。

お部屋のベランダや窓が何向きなのかによって、寒さが変わってくるので、ここは聞いてみるといいです。

また築年数は、新耐震基準が適応されている1981年6月1日より新しいか古いかで判断することも必要です。1981年以前の旧耐震が適応されてる物件が絶対にダメということではないのですが、昨今地震が多い中で基準を満たしているかは、念の為確認してもいいでしょう。

ハウスルールを確認する

オークハウスのシェアハウスにはオークハウスが所有者(オーナー)の物件と、オークハウスが管理している物件があるとのことで、それぞれに応じてルールが異なるとのことです。

オークハウスが所有者ではない物件の場合、ゴミ出し当番や掃除当番などがあります。また洗濯機・乾燥機も有料のところが多くなるとのことです。

こうした独自のルールを確認するためにメールで、「ハウスルールを教えてください」と聞いておくといいです。

お風呂・トイレの数を確認する

オークハウスのシャワールーム

シェアハウスではお風呂・トイレが共用となります。例えば、20人住んでいるお家にトイレが1つ、お風呂が2つしかなければ、使いたいときに順番待ちをする可能性が高いです。

「プレミア中野」では、シャワールームが2つ、トイレが3つです。

「シェアスタイル池袋」では、バスタブ付きお風呂が2つ、シャワールームが2つトイレはたくさんあり5つあります。

「オークハウス両国」では、シャワールームが3つ、トイレは4つあります。

部屋数にもよりますが、プレミア中野はこじんまりとしたシェアハウスなのでいいですが、満室の際には、シャワーやトイレの待ち時間が気になる可能性があります。

まとめ

シェアハウスのオークハウスの内覧方法・抑えておくべきポイントについて見てみました。オークハウスのご入居を検討している人の参考になれば幸いです。

>>オークハウスへの入居お申込みを検討の方はこちらから

また別の記事で、オークハウスの口コミ・評判もまとめているので、こちらも合わせてご覧ください

>>参考:【知っておくべき】シェアハウス「オークハウス」の口コミ・評判