ライフハック

未経験でもゲーム業界に転職できた最強の転職エージェントを紹介する

突然ですが、キャリアについての悩みを抱えていませんか?

好きなことじゃないと仕事が続かない。やりたいことをやってみたい。でも経験がないと仕事がもらえるのかな…

・何にもスキルが無いからゲーム業界で働けるか不安だ
・ゲーム業界に転職したいけど、未経験だしどうすれば…
・好きなことで働くにはゲーム業界だと思ってる
・将来は自分で作品を作ってみたい

こういった悩みをたくさん抱えてしまいますよね。

ここで紹介するのは、そんなゲーム業界のキャリアの悩みを軽減する方法についてです。

なんと未経験でもゲーム業界で働ける求人をたくさん持っている転職サイトがあるんです。特別な免許や資格がなくても、だれでも挑戦できる案件が待っています。

私は未経験でゲーム業界に転職することができました。転職サイトを通じた面談でゲーム業界の仕組みを教えてもらえたことで、この転職につながったと思っています。

そんなゲーム業界に強いおすすめの転職サイトさえあれば未経験でも転職しやすくなること間違いなしです。実は私も実際にこの転職エージェントを活用して転職につながったので、このエージェントだけが持っている特徴もお伝えしますね。

今回、紹介する転職エージェントの名前は「ワークポート」。
さて、それでは詳しく説明していきますね。

 

業界選びを失敗すると毎日損をしていることに

あなたは自分の仕事に満足してますか?

ゲーム会社に働きたい人のモチベーションのほとんどは、「ゲームをプレイするのが好きだから」「ゲームを通じて人を楽しくしたいから」という理由が多いと思います。

あなたは現在ゲーム会社以外の業種で働いていると思いますが、毎日自分の時間が最低でも8時間、通勤や残業時間を含むと長い人だと10時間以上にも及ぶ時間を今の会社に割いていることになります。

自分の好きな業界に入っていて楽しそうに仕事をしている友人もいます。でも、もし自分の好きじゃないことに1日の時間の半分近くが拘束されているとしたら…この現実にあなたは納得できますか?

大手人材会社による、転職理由をみてみましょう。
(DUDA「転職理由ランキング18」)

転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」からとのこと。これは2012年より変わりない傾向です。

あなたのように今、ゲームが「好き」「やりたい」と思って未経験でもゲーム業界に転職してみたいと思っているなら、早めに転職活動をはじめてもいいと思うのです。

後悔するよりも、自分の限られた時間を有効に使うためにも、挑戦してみる。結局、人生で何を選択したとしても悩むときがくるので、やって後悔したら立て直せばいいですよね。

自分のやりたいことができると気持ちも変わる

もしあなたが自分のやりたいことを仕事にしてみると、仕事に対する姿勢も変わってきます。

今仕事に行く時に、満員電車がツライ、月曜日に会社に行くのが億劫、暇な時はトイレに行きたくなる…なんてことを思ってるなら、あなたの人生の時間を無駄にしていると言えるでしょう

さて、もし未経験でもゲーム会社に転職できるとしたら、こんな悩みが軽くなります。あなたのすべての悩みがなくなるかというわけではありませんが、ひとまず今抱えている気持ちがポジティブに向かうと思っていいでしょう。

今の時代、やりたいことはたくさんあるけど時間の問題って付きまとってきます。大好きなゲームや人を楽しませるためなら時間を割いてもいいけど、好きでもないことに時間を使うのはストレスなので、それが解消されると、生活が豊かになりますね

目次に戻る

未経験でゲーム業界転職を成功させる3つの方法

ゲーム業界に入りたいという人の中には「ゲーム好き」だけではなく「◯◯の会社」の「◯◯というゲームタイトル」のゲームが好き!という人がいます。(例えば、スクウェア・エニックスのドラゴンクエストというタイトルが好きなど)

そうした人には適用しづらいですが、もしあなたがゲーム業界に入ることを目的としているなら、以下の3つのアドバイスが役立ちます。

未経験でも転職しやすいモバイルゲーム業界を狙う

ゲーム業界というと任天堂などのコンソール系の会社が思い浮かびやすいですが、近年需要が伸びているのはPC ゲーム市場やモバイル系になります。

またコンソールのゲームよりも開発に時間がかからない傾向にあるため、人材の流動性も高くなっています。

色々な分類がありますがスクウェア・エニックス・セガのようにコンソール系のゲームとモバイルゲーム系を取り扱う企業もあります。

① コンソール市場・・・Xbox,PS,Wii などの家庭用ゲーム機
② オンラインゲーム市場・・・PC ゲームの一種だが月額課金制OR 無料+アイテム課金のオンライン同時プレイのゲーム
③ モバイルゲーム市場・・・スマートフォン、フューチャーフォン、MP3 プレイヤー、bBook リーダー、タブレットなど携帯端末でできるゲーム
④ PC ゲーム市場・・・ゲーム購入時にお金を払う有料の PCゲーム
⑤ ソーシャルゲーム市場・・・SNS を通じて提供されるゲーム
引用元:市原 審之介 – ソーシャルゲーム市場における経営戦略の研究

未経験でゲーム業界に転職するなら職種選びが重要

私もゲーム業界に転職するまで知らなかったですが、大きく5つの職種に分類されます。中でも未経験で入社しやすい職種を伝えていきます。

  1. ゲームプランナー
    ゲームのストーリー、イベントなどの設計を考える人です。
  2. デザイナー
    ゲーム内のデザインを担う人です。2D・3D / キャラ・背景デザインなどプロジェクトによって取り組み方も異なります。
  3. ゲームプログラマー
    ゲームプログラマーとは、企画や仕様に合わせてゲームが動くようにプログラムを組む人です。
  4. ゲームマーケター
    ゲームのプロモーションを担当する人です。
  5. その他(営業、人事、経理)

プログラミングスキルやデザイナースキルがない場合、入社しやすいのは「ゲームプランナー」になります。逆に他の職種での転職をしたい場合は、業種が異なるが似たような業務をやっている場合、転職しやすくなるようです。

次に実際に紹介されている案件も見ていきましょう。

残念ながら面談前の検索では、会社名が公表されてなかったり、公開されている求人数も限られています。もっと詳しく求人を見てみたい人はまずはワークポートの面談に行ってみてください。

私も実際に行って話を聞いてみましたが、かなり親身になって話を聞いてくれるので、今後のキャリア形成に悩んでいるって人にも面談はおすすめです。

無料面談予約はこちらから

職種別で雇用がされやすい時期を狙う

職種別モバイルゲームの人材需要

モバイルゲームの場合、職種によって人材確保が必要となる時期が異なります。

あなたが「プランナー」を目指しているならゲームリリース時と後が最も忙しく、ゲームがリリースされた後にすぐ入社できる状態だと採用されやすくなります。「マーケター」はリリース後から広告配信を行っていくため、リリース前にできることは限られていたりします。

一方で「プログラマー(エンジニア)」や「デザイナー」はゲーム運営開始前の方が開発、UI調整などで必要になるときが多いです。

どういうゲームが今後リリースされるかについて、決算書・求人票、または面接時にやんわり教えてもらえる可能性があるので聞き逃さないようにしましょう。

【裏技】未経験でもゲーム会社に転職する方法

裏技とは正社員ではなくアルバイト・契約社員からの入社です。ゲーム業界は他業界に比べても正社員以外の雇用形態が一般的です。

一度入ってしまえばいい人材を逃さないようにと、契約から正社員に振り替えてくれるケースも多いので、どうしてもゲーム業界への転職を目指す場合はこの方法も考えてみてください!

この方法は驚くほどにたくさんの人が使っていました!勤めていたゲーム会社ではチームの半分がアルバイトや契約社員で構成されています

目次に戻る

未経験のゲーム業界転職で失敗しないための3つのアドバイス

  • 未経験転職で迷った時は、研修がある企業を選ぶ
  • 人事評価制度(昇給・降給の仕組み)を聞いておく
  • 転職エージェントには希望を包み隠さず伝えておく

未経験転職で迷った時は、研修がある企業を選ぶ

転職する前もやることが多く大変ですが、転職した後も業務のキャッチアップから、新たな人付き合いが始まったり、想像以上にやることが多くなります。

そうした転職した後の大変さを少しでも楽にするためには、導入研修やフォロー体制(面談など)が手厚い企業を選ぶことをおすすめします。

その場合、中小企業よりも大手企業の方が研修を行っていることが多いので、既にいくつか内定があり迷っているのであれば、できるだけ大手の企業を選ぶのがいいでしょう。

人事評価制度(昇給・降給)の仕組みを聞いておく

内定前でも後でもいいのですが人事評価制度については理解するようにしましょう。

昇給を求める人はどういう基準で会社が従業員のことを評価するのか、
プライベートを重視する人は降給にならないラインで業務に携わるにはどうしたらいいのか?を把握することで、自分が入社したあとの働くスタイルが想像できるようになります。

面接時に給料に関することを何度も聞くと、面接官の心証が悪くなってしまうことを心配されるかもしれません。

そんなことよりもその会社の仕組みを把握しておらず入った後に揉め事に発展するよりかは、入社前に聞いておく方がいいので必ず把握しておくようにしましょう。

転職エージェントには希望を包み隠さず伝えておく

転職が成功したといえるのは、内定をもらったということではなく、自分が転職先にどれくらい満足しているかによります。

転職先に求める希望条件や、転職で実現したいことなど言いにくいことも転職エージェントが代わりに伝えてくれるので、自分の気持ちはすべて伝えておきましょう。

転職エージェントに相談しても料金は一切かからないので、利用しない手は無いです。

目次に戻る

未経験のゲーム業界転職に『ワークポート』をおすすめする理由

  • ゲーム業界への転職支援の実績あり
  • 未経験でもゲーム業界に就職できる求人が探しやすい
  • 圧倒的な紹介件数で転職がスムーズに
  • 退職からキャリア形成支援まで
  • 職務履歴書いらずのかんたん面談予約設定

ゲーム業界への転職実績がある

最近は転職エージェントも多く、ホントにどのサイトが良いのかわかりにくいですよね。

私がワークポートをおすすめする理由は、未経験でもゲーム業界に転職させる実績がすでにあるからです。ゲーム業界に合っている転職エージェントとかどうかは、公式サイトを見るとわかります。

ワークポート取引事例

通常の大手エージェントの公式サイトではゲーム案件はエンターテイメントという業種でまとめられていることも多いですが、ワークポートでは目立つ位置に「ゲーム」という業種があります。

業種を選択」のところでゲームのカテゴリーが一番左上になり、ワークポートで紹介している業種のなかでもイチオシの項目となっているといえます。

未経験でもゲーム業界に就職できる求人が探しやすい

ワークポートの公式サイトは未経験でもゲーム会社に就職したい人が仕事を簡単に探せるようになっています。

求人を探すというところを見る時に「職種から探す」を押すと、未経験・第二新卒(ゲーム)というのがあります。

圧倒的な紹介件数の多さ!

他の転職エージェントでは紹介件数も少なく、自分で10社程度応募をしてみて結果が出るまで待って…という感じでした。このサイクルだと10社の書類の結果がでるのに最低は1週間、面接までは1ヶ月以上ということもあります。

そんなとき、ワークポートから別の優良企業の案件を大量に紹介いただいて、応募していくと気がついたら1週間で10社以上も書類選考に通り面接に進むことができました。

応募前に求人を精査することも大切ですが、応募してみて書類選考を通った求人をそこから絞り込んでいく方法もおすすめです。一度書類に通っているので心理的ストレスが少なく転職活動をすることができます

しかし、なかには大量の求人がくることで、自分の軸が曖昧になることを嫌がる求職者もいると思います。そんなときはワークポートに転職の最低条件だけは伝えておくことをおすすめします。

退職代行からキャリア形成の支援も!

ワークポートは退職代行の「EXIT」と業務提携をしています。

ワークポートの調査にによると退職の意思を伝える際に6割もの人が会社からの引き留めにあった経験があり、そのうち2割がトラブルにまで発展しているそうです…。

今の会社を辞めるのが難しい…と感じている人には朗報ですワークポートに転職相談をするとこうしたトラブルが未然に防げる可能性が高まりそうです。

また20代限定の無料プログラミングスクールなども開催しており、転職支援だけでなく退職から将来のキャリア形成までサポートしてくれます。

地域も曜日も関係なく面談が受けれる!

ワークポートの拠点

ワークポートは日本国内にオフィスを8拠点、海外に2拠点あるので、様々な地域の転職先を探すことができます。

また今の会社に在籍中で時間が取りにくい場合は、土日や勤務終了後に面接をすることもできます。

ワークポートは土日も面談対応してくれます。また平日は20時30分スタートからでも対応してくれるので、仕事で遅くなりがちな人でも面談しやすい環境があります。

ワークポート至れりつくせりですね。

ワークポートの無料面談はプロフィールの入力で予約ができて、職務履歴書いらずです!まずは面談予約をして、メールまたはLINEで日程調整をします。

無料面談予約はこちらから

目次に戻る

ワークポートはこんな人におすすめ!

  • ゲーム業界で働いてみたい人
  • ゲームがとにかく好きな人
  • ゲームを通じて人を楽しませたい人
  • 早めに転職を終わらせたい人
  • とにかく現状に不満があり打破したい人

実際にワークポートを使った転職者の口コミ・評判

25歳 男性:転職先 / 職種名: ゲーム業界 / ゲームディレクター

「ゲーム業界の情報が多く、担当の方も誠実に対応してくれました。」

◆今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
元々ゲーム業界に強い興味があり、ゲーム業界への転職をしたかったため。
もうひとつは、現職が3年目で区切りが良かったため。
◆人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
ゲーム業界への知識が無かったので、そういった業界の知識も欲しかったため。
◆ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
人材紹介サービスを調べたところ、ワークポートはIT系、ゲーム系に強いという特徴があったため。
◆ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。
良かった点
担当の方や、企業担当の方が誠実に対応してくれた点、
また、連絡のレスポンスもはやく、助かりました。

 

26歳 男性:転職先 / 職種名: ゲーム開発企業 / ゲーム開発エンジニア

「希望していたゲーム業界の求人を多数紹介してくれました。」

◆今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
別の業界の方に以前から興味を持っていて、前職に一区切りついたため。
◆人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
転職活動を円滑に手早く行うため。
◆ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
IT業界、ゲーム業界の企業の紹介数が多いと聞いたため。
◆ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。
良かった点
実際に希望していた業界を紹介していただいた。
サイトの「みんなの感想」欄がありがたかった。

悪かった点
序盤に連絡が遅すぎた場面があった。

 

30歳 女性:転職先 / 職種名: ゲーム業界 / 海外アライアンス

「どうしてもゲーム業界に入りたくて転職を決意しました。」

◆今回転職しようと思ったきっかけを教えてください。
どうしてもゲーム業界に入りたく、未経験での転職は最後のチャンスと思ったため。
◆人材紹介サービスを利用しようと思った理由を教えて下さい。
安心して色々お任せできるため。
◆ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。
1番最初にスカウトメールをいただいたため。
◆ワークポートを利用して良かった点、悪かった点を教えて下さい。
良かった点
マメに連絡をいただけた。
レスポンスが早かった。

悪かった点
特にありません。

こちらのレビューはワークポート利用者の声より引用させていただきました。 この他にもたくさんの成功者インタビューが書いてありました。ワークポートの安心感は半端ないです。

目次に戻る

3分で面談予約完了!チャンスを逃すな!

ここまで読んでいただいたあなたはきっとワークポートに興味があるはずです。別にすぐに転職を考えられなくても、とりあえず無料の面談を予約するなんて、簡単なことです

3分で終わります。

申し込みページに必要事項を入力するだけです。

けど、なかには申し込みをして面談の日程を組むことを、めんどくさいと思ってしまう人もいますよね。

私もそんな一人でした。

でもたったの3分で予約できます。

あなたが渋ったこの時間が、今後のキャリアを左右するかもしれません…
どうせなら「あの時行動しておいて良かったなあ」って振り返りたいですよね。

少しでも「ゲーム業界で働きたい」という思いがある人は、いますぐ無料の面談予約を申し込みましょう!

あなたの人生が変わるかもしれませんよ?

\3分で予約完了/

無料面談予約はこちらから